2009年06月19日

竹尾ペーパーショウ メディアとしての紙

竹尾ペーパーショウ上映会の続きです。早起きして神保町に行き、メディアとしての紙についての3講演を、メモしながら聞いてきました。非常に濃い2時間でした。

ひらめき水越伸先生(東大大学院助教授)
桑沢デザインのメディア論の中で、水越先生が書かれた「メディアとしての電話」という本を読みました。ぞくぞくするくらい面白くて(御手洗先生の授業も)、一度話を聞いてみたいと思っていました。
-------
新しいメディアは、社会の中心じゃないところから、これまでと違う考え方をする人たちの中から生まれます。電話もインターネットも、人々は、それが産業として一般的になると、それがなかった頃をすっかり忘れ、それを意識しなくなります。あってあたりまえになり、新しいトライアルをしなくなります。

紙というメディアもそうでしょう。紙が無い生活は想像できません。一般的な紙の書く、記録する、という紙(メディア)の用途の思い込みから、紙を解放して、新しいトライアルをしていくこと。
紙をデザインしたりするだけでなく、紙と人間とのかかわり方、関係性を考えることも重要でしょう、とのこと。
-------
紙の用途を解放する、という言葉に、また脳がぞくっとしました。


ひらめき小田嶋隆さん(コラムニスト)
ネットでニュースを見るので新聞購読をやめていましたが、数十年ぶりに新聞購読を始めて気づいたこと。
-------

同じニュースでも、ネット上のニュースは、1つづつ見ていくしかないですが、新聞の場合は、ちゃんと読まなくても、タイトルをざーっと見ただけで、そのタイトルの大小、色、記事のボリュームなどにより、何が世の中で起きているのか大体把握することができます。この人間の物事を一覧する能力を「ブラウジングアビリティ」とします。

編集(EDIT)は、テキストや写真を読む人間の思考形態に合わせて順序を変えていくことで、新聞の紙面は、リテラル(文字ベース)な情報がグラフィカルに変換・編集されているけれど、WEBの画面はリテラルな情報がグラフィカルな情報に変換されていないのです。

紙の場合は、そのページの中で情報が完結している必要があるけれど、webの場合は、ハイパーテキストでどんどん情報を芋づる式に伝えていくことができます。
-------
とりとめのないメモなので、うまくまとまらないですが。
情報を伝える機能は、webも紙も同じだと思いますが、メディアの特性を使ってどう見せていくか、今後の仕事の中でも、いろいろと考えてしまう内容でした。


ひらめき都築響一さん(編集者・写真家)
午前中最後の講演。参考写真がたくさんあって、見ているだけで面白かったexclamation×2
-------
webがあると本が売れなくなるというけれど、pcを見ない人にとっては、紙の方が親しみのあるメディアで、そういう人の方が圧倒的に多いし、そういう一番底辺にいる人の発想が一番面白いです。
どう伝えるか、どう見せるか、ということよりも、何を伝えたいか、という気持ちの方が強い人たちだからです。

小悪魔agehaの、グラフィックとコピーが一体化している紙面、レディコミアムールの、読ませたいのか読ませたくないのかわからないマンガ内の効果音(笑)、雑誌の裏の方でよく見る「私はこれで大金持ちになりました」というような、情報詰め込みすぎの怪文広告などなど、参考例がまた面白くて、その紙面を作っている事務所をわざわざ見学に行っていることがもっとすごい!

紙面には、きれいに、わかりやすく伝えようとするデザイナー視点はないし、実際にデザイナーがいない場合もあるけれど、何かを伝えたいという迫力は十分にあります。
-------

何を伝えたいのかが1番、どう伝えるかが2番の濃い事例に中てられました(笑)しばらくはこの視点で、いろんなグラフィックを見てしまいそうです。
posted by 来来 at 12:58| 洋紙

2009年06月16日

竹尾ペーパーショウ 石川製紙株式会社

今年の竹尾ペーパーショウで、聴くことができなかった講演会を、神保町の竹尾見本帳の上映会で聴いてきました。

どうしても聞きたかったのは、越前和紙メーカー、
石川製紙株式会社の、石川浩さんのお話。和紙を作る側の立場の方が、どのようなことを考えているのか、とても興味がありましたから。

何度も強調されていたことは、
生産者が情報公開をしてこなかった、ということ。
工業製品としてあるためには、和紙だから仕方ない、と後加工の難しさを諦めず、それに対応していく必要があること。

情報公開不足の例としては、和紙は表面がざらざらしているもの、という一般的なイメージがあること。ざらざらしている紙は楮の紙であり、実際は、鳥の子紙のように「がんぴ」や「みつまた」を用いた、表面が滑らかな紙も存在します。
実際、「鳥の子」とは、鶏の卵(昔の卵の殻はクリーム色)の表面のように滑らかで、艶のある紙だから、その名前に。
局紙(日本造幣局の「局」)のように、紙幣になるような、高い評価を受けた紙も。

それなのに、和紙のイメージがざらざらとなってしまったのは、情報公開の不足だと。確かに興味がある人にとっては、楮紙だけが和紙じゃないと知っているけど、そうでもない人には、よくわからないことかも。

今は、明治時代の頃の紙産業に似ているそうです。明治時代には、洋紙の技術が入ってきて、それに技術を対応させていった機械漉きの和紙。

今は、生活様式が変化して、和紙の需要そのものがなくなってきています。その中で、どう変化して、対応させていくかが課題。歴史に対応できない産業は、伝統産業から、伝承産業になってしまう、という危機感が十分に伝わってくるお話でした。

ですが、最後に石川さんが、和紙は工業製品になる、ときっぱりと断言されたこと、とても頼もしく感じました。
posted by 来来 at 17:32| 和紙

2009年06月04日

折り紙の菓子皿

一緒に紙漉きをしている方の一人に、折り紙が得意な女性がいます。とても器用に、バラの花や、干支の動物などを折ってしまいます。

先日の紙漉きのお茶時間に、こんな素敵な菓子皿が登場しました。
シックな色合いの揉み紙で作った菓子皿だと、いつものクッキーやチョコがけ柿の種が、少し大人っぽく、おいしそうに見えます。

090604_kamihako.JPG

家にあったお菓子を詰めてみました。
posted by 来来 at 10:37| 日々の暮らし

2009年06月01日

越前 紙祖神お祭りスナップ

せっかく越前に行きましたので、杉原商店さん主宰の紙漉き工場めぐりに、デザイナーの皆さんと一緒に参加しました。きれいな水、きれいな空気。美しい紙の条件が揃っている場所です。

090601_echizen1.JPG

町のあちこちに、祭りを祝う紙の花の木があります。

090601_echizen2.JPG

家の軒先には、お祭りの看板(?)と、それぞれの家の提灯が飾ってあります。

090601_echizen3.JPG

090601_echizen4.JPG

「和紙の里」のマンホールの図柄は、もちろん紙漉きのシーン。

090601_echizen5.JPG
posted by 来来 at 00:43| 和紙