2009年12月23日

オフィス紙のリサイクル「ホワイトゴート」

仕事机の紙山の中から、日経新聞2009年5月28日の記事キリヌキを見つけました。

----------------------------
オフィスの廃棄紙 その場で再生 トイレットペーパーに
ナカバヤシが機器販売 
----------------------------

2009年8月下旬に、使用済みのオフィス用紙を、その場でトイレットペーパーに再生できる機械「ホワイトゴート」を、ナカバヤシ株式会社が販売します、という記事です。白ヤギさんですね。2009年も年の瀬だから、もう販売されているんでしょう。テレビでも1回紹介されているのを見かけましたし。

091223_whitegoat.jpg
ナカバヤシのHPより。

24時間稼働で、A4サイズの紙1,800枚シュレッダ済みから、トイレットペーパー48ロールが作れるそうです。ということは、約40枚のA4紙から1個のトイレットペーパーという計算。ちょっとした厚い企画書から、ロールが一つできることになります。

没になった企画書も、トイレットペーパーにして水に流せるわけですね。一度も読むことなく机の上に積まれたままの書類たちも、廃棄するより罪悪感が減るでしょう。

幅180×高180×奥80センチ、重さ600キロとサイズが大きく、1台900万円程度と、簡単に買える機械ではないけど、もっと小さくなったら良いな。直感的で、わかりやすいリサイクルです。
posted by 来来 at 15:26| 日々の暮らし