2007年09月06日

子供たちと和紙作り

狛江市西河原公民館の和紙工房「こま」では、8月29日に近所の小学生が参加する紙漉き教室を行いました。子供たちは、夏休みの宿題に手漉き和紙を持って行きたいそうです。

今回は、15人くらいの小学生と、真っ白な手すき和紙1枚、細かく切った色和紙をすきこんだタペストリーと、色つき和紙のカードの3種類を順番に作りました。

子供たちは、楮の入った漉き舟に手を入れて「気持ちいい〜」と大はしゃぎ。どろどろしたネリでも、もっと遊びたかったみたい。最後のお片づけまで手伝ってくれました。

色つき和紙の漉き込みでは、花火を見本にしていたのですが、子供たちはクワガタ虫やお花や??なものまで、楽しそうに描いていました。自由って素敵exclamation×2だなぁと思います。

子供のエネルギーぴかぴか(新しい)と好奇心と想像力に圧倒された良い一日でした。
posted by 来来 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 和紙工房「こま」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5341586

この記事へのトラックバック